住んでいるところ

-

-

想像できずに出会うのが自動車事故です。iphoneSE 予約 au

この状況でどんな風に対処する結果がポイントとなり保険金の受け取り額も相当変わってくるケースも予測できますので間違えない判断と対応が重要です。ケノン

予期せぬ状況にあって平静さを失ってしまったら大切な事を忘れてしまい、自身がかなり大きな損を負う状況も考えられるので交通事故を起こしたケースは正確に以下の対応をしましょう。白井田七は更年期に効果ある?

事故をした場面でまずするべき事は負傷した人の有無を確認する必要があります。ピューレパール

事故直後は訳が分からずぼうぜん自失となってしまう場合があり直ちに行動を起こせないのが普通です。

ですので、怪我をした方がいたならば安全が確認された場所へ動いて手当てして周囲に助けを求めるなどを行い怪我人優先を心掛けましょう。

119番に連絡する場合にははっきりと事故現場を知らせて不確かな状況では周りの有名なお店や場所名を連絡し事故の現場の住所を特定できるようにします。

その後110番へ通報し、自動車の事故が発生したことと現状を伝えます。

救急車とパトカーを待っている時間に事故相手の内容をチェックします。

氏名、住んでいるところ、TEL番免許事故の相手の方の保険会社のような互いの内容を伝えます。

特に事故の相手に違反があった状況では、即刻結論を出そうとする状況が考えられますが事故現場でうやむやにするのではなく、どんな風な状態だとしても警察や保険会社に届け平等に調べてもらう事が欠かせません。

各々の身元をやり取りしたら他の車の障害にならないために妨げになる物道の上からどかします。

万が一妨げになった物が他人の自動車の妨げになっている場合には、自分と相手の情報交換をする前にその対応を行うことは問題は起こりません。

自らが自動車保険会社に連絡して、事故があった事を届け出ます。

自動車での事故から一定時間の間に自動車の保険会社に報告していないと、自動車保険の適用外に状況もあるので可能な限り時をおかずに連絡を入れることが欠かせません。

可能ならば事故の現場の手がかりとしてスマホ等を用いて事故現場やマイカーの破損を見ることができる写真を撮っておきます。

その写真は過失がどのくらいあるのか決める時に証拠とできますので、あなたの愛車や相手のクルマの破損状態を的確に証拠写真として残しておいてください。

この状況で第三者がいたならば警察や保険屋さんの人が来るまでその場にそのまま待機して頂けるように呼びかけることも忘れないようにしてください。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fantastikclick.com All Rights Reserved.