赤字を取り戻す事が出来ます

-

-

はじめたばかりの人向けのFXの情報では「損をした場面ではナンピン買いをして、全体の平均の買い付け価格を小さくする」等と記述されていますが、実際はそれにはかなり大きな落とし穴があります。うつ 不眠

まず、ナンピンのロジックについて簡単に記述しておきます。コンブチャクレンズ 成分

仮定として1ドル100円でドルを買ったとする。古着買取り

$買いのため円安ドル高になればなるほど黒字が出るわけですが、運悪く1ドルが95円まで円高・ドル安が進んだとします。乳酸菌サプリ 便秘

この場合保持し続けたとしたらプラスになるためには、ドル安になった分円安ドル高に動かなければなりません。http://www.polatfm.com/entry13.html

皆さん、赤字は早急にリカバリしたいと思うでしょう。会計事務所 求人 大阪

これを解決するためはじめに売買したのと同じだけの$(ドル)を、取引します。ナフコ 通販 カーテン

すると、全体の買い付けコストは97円50銭まで引き下げることができます。化粧水 20代

要するに、半分の幅で円安が進めば、赤字を取り戻す事が出来ます。アイフォン7s 予約

これが、ナンピン買いのやり方です。アコムは水商売でも借りれる?審査落ちする人とは?【即日申込み】

このように、ナンピン買いの理論を聞くと、「もっともだ」と考えるが、為替相場はそう易々と上手くはいきません。

1ドル=95円が底だということなど誰にも分かるわけがありません。

市場がかなりの円高地合だとしたら95円では収まらず、円高ドル安が加速するリスクが高いです。

仮に、1ドル=97.50円でナンピン買いをしたとしても95円まで円高になっとしたならば、ナンピンを入れたポジションも為替差損が生まれてしまいます。

その状況では、一番初めに注文したドルと全部で、損失が生まれる事になります。

この通り、ナンピン買いは一筋縄でいきません。

それならば、相場が自分のシナリオとは逆向きにさっと進んでしまった場合どういうやり方で危機の確率を回避すればいいのでしょうか。

こういう場合には選択できる対策は限られています。

ひとつは潔くあきらめて損切りをする事です。

別の方法としては、あなたが所持しているポジションを小さくする事で、改めて相場が元のようになるのを何もしないで待機する事です。

少し大人しい手段だと考える方もいるkもしれません。

けれども、所有している買いポジションに差損が生まれた場合有効な方法はこれ以外にはありません。

当然、ロジックとしては、ナンピンをしてみる手段もあるように思えます。

だがナンピン買いは、あなたがマイナスになっている場面にもかかわらずポジションを整理するどころか遂に買いポジションを積み重ねていく考え方です。

これでは、危険性を避けることなどどう頑張っても可能ではないと思ったほうかいいだろう。

ナンピンをし続ければその内儲けが出るかもしれません。

しかし、その前に投資資金は足りなくなってしまいます。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fantastikclick.com All Rights Reserved.