www.fantastikclick.com

-

-

カードローンの支払にけっこう活用されているのがリボ払というやりかたです。中には一括返済を設けずにリボルディング払いのみといったカード会社も存在します。理由は一括払いの金利では会社の儲けがよくないのでリボルディング払を使用して利益をアップするという狙いなんです。加えて借りる側の立場に立ってもリボ払支払いの方が分かりやすく、無理がなく返済できて納得するという方も多いでしょう。ところが、こうしたことがかえって使いすぎてしまうといった事になってしまうことがあるのです。というのもはじめて借金をするに至ったときは誰もがじっくり考えるはずです。それはそうでキャッシングといったものは債務者になることになりますので他人から借財するというようなことはやっぱり嫌がられます。とはいっても一度借りてしまいますとそのお手軽さにブレーキが外れてしまうことから、限度額に至るまでお金を出してしまうといった人がとても多いです。そして数ヶ月間返済が完了していくらかの限度額が空いた時に再度借りてしまう。このような状態がローンの悪循環となるのです。リボ払いはその性質上なかなか元本が目減りしていかなかったりします。よって、先のような判断ミスをしてしまうと、この先ずっと引き落ししなければならないことになりかねません。そうはならないように、絶対に使う金額しか借入しないという固い決意と、計画的思考が大事です。ここで気にかかるのが仮に借入しすぎてしまった場合、どうなるのだろうかということですが受け取ったカードの限度額といったものは、その使用者に付与された利用限度額なのでもし上限一杯に到達するまで使ったとしても、支払いがちゃんとされていればサービスが使えなくなるといったことはありません。ポイントのようなものが加算される種類のカードの場合その金額のポイントは貯まっていくようになっています。会社の立場では願ってもない利用者となるわけです。しかしながら支払が規定回数遅れてしまうようになると、信用が悪くなってしまいます。悪くするとカードの凍結措置というような措置が取られる場合もあります。口座が利用できなくなったとしても当然全部返済するまで返済を続ける義務があることに変わりはありません。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fantastikclick.com All Rights Reserved.