www.fantastikclick.com

-

-

外為取引(FX)の的は、世界各国の流通貨幣でしょう。公式貨幣に当り学んでみたいと予定しています。・通貨の単位には「基軸通貨」とよばれるものがございます。基軸通貨の意味ですが世界各国間の決済そして金融商品の取引について主として使用される流通通貨のことを言い現時点は米ドルを意味します。かつてはスターリング・ポンドが基軸になる通貨だったのですが、第二次世界大戦が終わった後米ドルになったのです。・FXにて売買可能な流通通貨の種類に際しては、他で言うところの外貨での投資と比べてみると段違いに頻繁というのが特殊性です。FX会社間により取り扱う通貨の種類は違ってますが、20種類前後ある模様です。その中で流動性が高い数値の通貨を、メジャー通貨と言います。流動性が高い数値とは売買が多く行われているという事を示していて、公式通貨の売り買いしやすいという事を意味します。主要な通貨には上記にて基軸通貨と呼ばれる$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)、日本の円、ユーロ(?)3つがございまして世界の3大通貨呼ばれております。スイスのフラン、ニュージーランドのドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と呼ばれています。これら貨幣以外の変動性が少ない通貨についてはマイナー通貨と言われて経済大国に比べ国の力や経済に関するパワーが比較的弱い国の貨幣で、南アフリカランドやシンガポールドル、メキシコペソなどが重要な通貨においては取引されている規模が豊富なというのもあり値の高安が静止していて、情報量もたくさんあるのだそうです。マイナー通貨は金利の面で高額な通貨という事が多いというのがあるので、値動きがかなりあるとの事らしいです。価格の起伏がかなりあるいう事に関して、沢山なもうけを入手する好機があるのですが危険性も大きく、おぼつかない事があります。更に流動性があまりない貨幣なので終了決定を望む時に限って決済する事が不可能なと考えられる事があるので気をつけましょう。何の通貨をえり好みするのかという事においては個別の流通通貨の特徴を十分に調査してから試みる事は大事であるのではないかと考えます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fantastikclick.com All Rights Reserved.