www.fantastikclick.com

-

-

外国為替証拠金取引についての良いところは、たった一つの投資商品であるはずが資金投下の期間を短期スタンス・中期スタンス・長期スタンスという3つの中からどの期間を選定するかによって資金を費やす手法が大きく違ってくるところにあります。外国の貨幣へ投資の「長い時間をかけるスタンス」を詳しく見てみよう。長期とは一年以上の出資を基準にしているのです。だいたい為替で一年も後のレートが円高か、もしくは円安だろうかを予測することは、ほとんど困難かと思います。正直なところ「後の状況のことはわからない」と思うのが現実でしょう。予測もできないことを頭を使って予言しようとしたところでそれは無理なのです。そのため他の貨幣を買ったとして、そのタイミングでの買いレートよりも円が高めになっていても、待っていれば元に戻るだろうという軽い気持ちでやり取りに取り組むことが大切です。為替差益を一生懸命に追いかけることに限らず、それ以外の差益要はスワップポイントで稼ぐということを、まず一つのターゲットと決めてやってみましょう。無論短期間で為替変動の為のマイナスがすごくなることがあります。このためその為替差損があっても影響のないようレバレッジを少なめで売り買いすることが重要です。FX(外国為替証拠金取引)は為替差損がある金額を上回って増えると追加保証金(追い証)が発生したり、またはストップロスになってしまったりします。ストップロス(ロスカット)を置いたら早く売買を終わりにせざるを得なくなり、長期投資がダメになります。このような危険を回避するためには、レバレッジ2?3倍あたりで売り買いするのが良いと思います。今度は中期投資のケースのやり取りに関してです。中期では1?2ヶ月程先々を推測してのやり取りなのです。為替取引においては、だいたい1ヶ月ほど後のことはだいたいの場合、予知しやすいと思われます。G7(先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議)などのような国際的な議会の議題や、為替取引に参加している人たちが何をところに関心を持っているかを聞いてみれば、割りと、予知できるのです。上記のようにファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)を見ながらも、グラフを確認することによって為替のレベルを理解し売買を決める方がいいでしょう。基本的に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニカルの両面で良い状況であり、もしくは買いが同様であればほとんどその通りに動いていくと考えて問題ありません。そこで保有高を増やすことによってさらに多くのリターンを狙っていけるでしょう。最後は短期スタンスのポイント。ここでの短期トレードが示しているのは言うなればデイトレーディングを言っています。為替で日計り取引をする時経済の状況はまるっきり影響しないと断言していいです。なぜなら次の日の為替のレートの動きにファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は絡んでいないからです。この場合最大の重要ポイントは目立った事柄がある際、それに影響して為替レートが大幅に動くタイミングを狙って取引することです。例を挙げるとアメリカ合衆国で雇用者の統計が公開されるはたまた金融政策決定会合等によって制作金利が動くという行事。このように絶好のチャンスに動きを見逃してはいけないとの理由で、短期のスタンスでは専門的なものが必要になる。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.fantastikclick.com All Rights Reserved.